重症、原因不明の患者を根こそぎ改善する最新のテクニックを初公開!施術院激戦区にある重症症状専門院が初公開する月商300万円を売り上げる「バカ売れ手技」とは…?

借金総額6000万円地獄から這い上がった施術家の話

今から16年前の話です。

施術家を志す一人の青年が、念願の柔整師免許を取得しました。子供の頃から柔道をしていた彼は格闘技が好きで、病院のリハビリ施設で働きながら総合格闘技も始めました。

しかし数年後、あることをキッカケに彼は、プロにまで登り詰めた総合格闘技を辞めることになります。理由は、24歳のときに発症したヘルニアでした。

「将来の人生を取るか、格闘技を取るか選びなさい」

医者から、このような厳しい選択を迫られました。悩んだ末に彼は、将来の人生を取る選択をします。そして総合格闘技を引退し、施術家一本で生きていく決意をしたのです。

生活は安定したけれど…

当時の彼は、大手グループの整骨院で働いていました。

まじめで向上心の高い彼は、働きながらどんどん新しい技術を学んでいきました。施術の評判も良く、患者さんからも社内からも高く評価され、数年で店長を任されるまで出世しました。

努力の結果、月の手取りは50万円。年収700万円という、まわりの施術家がうらやむような安定したサラリーマン生活を送っていたのです。

しかしキャリアを重ねる中で、彼の中には「雇われの仕事は面白くない」「いつかは自分の城を持ちたい」という思いが膨らんできます。

そして施術家になって10年が経ったころ。家族の反対を押し切って年収700万円の安定した生活を捨て、独立開業の道を選んだのですが…

夢だった自分の城を持ったはずが…

ずっと夢だった自分のお店を開業したのは、彼が33歳のときでした。

約10年の下積み時代にひたすら手技を磨き続けてきた彼は、施術の腕は誰にも負けない自信がありました。

そのため、開業当初から保険を使わず、大胆にも完全自費で施術をおこなうことにしたのです。

「よっしゃ! 患者さんのためにどんどん施術するぞ!」
「腕の良さでたくさん患者さんを集めてやる!」

と意気込んだのですが、オープン直後の状況はどうだったでしょうか?

来る日も来る日もお店はガラガラ…。待てど暮せど患者さんが来る気配はありません。1日ひとり来院するかどうかという、まさに閑古鳥が鳴く状態が続いたのです。

初月の売上は、たったの10万円。奥さんと子供2人の家族4人を食べさせるには、到底お金が足りません。

貯金もなく、お金のやりくりに困った彼は、運転資金で国金に借りた300万円を崩して生活費にあてることにしたのです。

借金を借金で返す最悪の状況に…

運転資金の300万円は、ほんの数ヵ月で底をつきました。

たいした売上もないのですから当然です。しかし、オープンから数ヵ月が経っても患者さんが増える気配はありません。

資金繰りに困った彼が次に取った手は、カードローンでした。幸いにも10年近く続けたサラリーマン時代の信用があったため、簡単にカードローンの審査が通ったのです。

「明日は患者さんが来てくれるはず」
「来月…いや半年後にはお店は軌道に乗っているに違いない」

借金生活に陥った彼は現実から目を背け、無理やりポジティブに考えることで平静を保っていました。

そして、お店を潰したくない一心で、とにかくカード会社から借りられるだけお金を借りまくったのです。

しかし、借金を借金で返すような生活が長く続くはずはありません。カードローンに手をだして2年が経ったころには、とうとうどこのカード会社もお金を貸してくれなくなったのです。

その結果、借りに借りたカードローンが約1500万円。さらに、家のローンが3500万円、車のローンが500万円、その他もろもろを含めた借金総額は6000万円にまで膨れ上がりました。

毎月の返済額は50万円を超えました。家賃や光熱費を滞納して3ヵ月、4ヵ月遅れで何とか返済していましたが、もう限界です。

子どもの積立貯金も崩しましたが、どうやってもこれ以上借金を返済することができません。

家のポストにはローン会社からの督促状が何通も届いていました。彼は、自分の不甲斐なさに涙を浮かべながら、弁護士と相談する日々を過ごすことになります。

あと1年でダメなら自己破産して離婚する

「あんた、どうする気なん!?」
「だから雇われ辞めるときにいけるん? って聞いたやんか!」
「家賃と光熱費、子供の学費払いたいから早くお金ちょうだいや!」

奥さんと顔を合わせるたびに、胸に突き刺さる言葉が飛んできます。

そして、これ以上家族に迷惑をかけるわけにはいかないと覚悟を決めた彼は、「もう少しだけ待ってくれ」「あと1年でダメなら、自己破産して離婚するから」と宣言したのです。

その後、弁護士のアドバイスに従って債務整理をおこない、月々の返済額を下げることができたのですが…

なぜ、患者さんが来ないのか…?

毎月の返済額が減ったことで、少しだけ気持ちに余裕ができました。そこで彼は、「なぜ、患者さんが来ないのか?」その理由を真剣に考えることにしました。

「もしかすると、自分のことばかり考えてるからうまくいかないんじゃ?」
「もっと、患者さんのためになることを考えた方が良いのかも…」

いろいろなことを考えるうちに、彼の心は「お金第一」から「患者さん第一」に変わりはじめていました。

その変化は行動にもあらわれました。

患者さんの心を知るために、地域活動のボランティアやイベントに積極的に参加するようになったのです。

その中で手渡しでチラシを渡すなど、患者さんに来てもらうため、恥も外聞もかなぐり捨ててお店を知ってもらうことに注力しました。

さらに、寝る時間を惜しんで手技の勉強をするだけでなく、チラシやホームページの作り方も学び、イチから自分で作れるスキルも身につけました。

そんな努力の甲斐もあり、20万円だった月収は50万円に増えました。

しかし、そのほとんどは借金の返済に消えるため、手元に残るお金は多くありません。

それでも、わずかに残ったお金を広告費にまわすことで、少しずつ患者さんが増えるという良いサイクルを作りだせるようになってきたのです。

患者さんのことを第一に考えれば、患者さんは認めてくれる。

手応えを感じた彼は、患者さんの理想を実現できるよう、一人ひとりの患者さんにカスタマイズした施術方針を打ち立て施術するようになっていきました。

そこから、状況は大きく変わり始めます。

右肩上がりで売上が伸び続け月商300万円を突破

閑古鳥だった院は、いつの間にか患者さんの笑顔であふれていました。

そして、患者さんの笑顔が増えるにつれ、院の売上も右肩上がりで伸びました。

開業時は20万円ほどだった月商は、30→50→90→130→150→170→ 180→230→250万円と増え、2019年2月には321万円を叩きだし、ついに月商300万円を突破したのです。

快進撃は今もなお続いています。現在では、

  • 月商350万円達成
  • 患者さんの3回リピート率95%以上
  • 地域ナンバー1の患者さんの喜びの声を集める
  • TV、ラジオ、女性誌、健康雑誌、地域新聞などの
    メディアで特集される
  • 日本中からオリンピック選手やメダリスト、
    芸能人が来院

などの圧倒的な結果をだし続けているのです。

彼が特別な人間だったのか…?

もしかすると、彼が特別だったからドン底の借金地獄から這い上がり、月商300万円を達成できたと思うかもしれません。

たしかに借金地獄から這い上がる根性とメンタルは、学生時代からやっていた格闘技を通じて培われたところもあるでしょう。

しかし売上を伸ばすことについては、彼だからできたことはまったくないと断言できます。

なぜなら、彼が定期的に開催しているセミナーに参加した施術家たちは、彼のノウハウをそのままマネをしてどんどん売上を伸ばしているから。

つまり、とても再現性が高く、誰がやっても同じような結果がだせる方法と言えるのです。

そして今回、借金地獄から這い上がり、月商300万円を売上げた方法を初公開させていただきます。

講師は、大阪の阿倍野にある「カラダコンディショニング ミツ」の院長を務める光田先生です。

光田昌平先生

光田 昌平(みつだ しょうへい)先生
カラダコンディショニング ミツ 院長

大阪の阿倍野にある「カラダコンディショニングミツ」院長。大手施術院グループで10年間の下積み修行をしたのちに独立。しかし総額6000万円もの借金を抱え、一度は廃業を覚悟するところまで転落したことも。16年の臨床経験と10万人以上への施術から、独自のテクニックである光田式「筋・筋膜調整メソッド」を開発。重症症状や原因不明の痛みも改善するテクニックはメディアでも話題になり、「最後の砦」として全国から患者さんが集まる。さらに、日本一過酷な激戦区大阪で令和元年9月に一人治療院経営402万の金字塔を達成した。

なぜ、どん底の経営からV字回復できたのか…?

なぜ、光田先生は月商20万円から300万円まで伸ばすことができたのか?

その理由は、高額なセミナーで学んだマーケティングや心理テクニックを使ったからではありません。また、広告に多額のお金を使ったからでもありません。

トントン拍子で売上を伸ばした秘密は、医者にも見放された「重症患者を根こそぎ改善する施術技術」を習得したこと。

つまり、施術家の最大の武器である「施術技術」を徹底的に磨き上げることで、20万円だった月商が300万円を超えるまでに伸ばしたのです。

具体的にどんな問題を改善できるのか?

少しだけご紹介すると…

  • 手術が必要と言われた
    脊柱管狭窄症がたったの2回で改善した

    その結果、手術申込書を返還した
  • この施術のおかげで社会人野球日本選手権で
    完投勝利できた
  • 試合1週間前の急性腰痛が消え
    総合格闘技「PRIDE」で勝利できた
  • 杖をつくほどのひどい変形性膝関節症が改善し、
    杖を手放すことができた
  • 車の乗り降りもできないほどの
    椎間板ヘルニアが3回の施術で改善した
  • 坐骨神経痛で仕事を辞めざるを得なかったのが、
    1ヵ月で職場復帰できた
  • 30年間苦しめられた腰痛が、
    たった2回でウソのように消えた
  • 「もう手術しかない」と言われたヒザ痛
    (タナ障害)が、1回の施術で劇的に改善
    した

など、これらはほんの一部に過ぎません。

今から、どこの院でも改善せず、医者にも見放された重症患者さんですら改善させてしまう、光田先生のテクニックを詳しくご紹介します。

光田式「筋・筋膜調整メソッド」の理論

なぜ、光田先生は重症、原因不明の患者さんを根こそぎ改善できるのか?

その秘密は、「関節」にあります。ひと言で関節といっても、「安定性の関節(スタビリティ関節)」と「可動性の関節(モビリティ関節)」の2種類があることはご存じですか?

安定性の関節はほとんど動くことはなく、筋肉でまわりを固められている関節です。一方の可動性の関節は、筋肉動作をおこなう主働筋になります。

では、具体的にどの関節が安定性、可動性に当てはまるのか?

それをわかりやすくしたのが、右記の人体図になります。

人体図

図の右側に書かれた頚椎、腰椎、ヒザの3つが「安定性の関節」です。

これらは動きの幅に制限があるため、ほとんど動きません。

それに対して左側に書かれた胸椎、股関節、足関節が「可動性の関節」になります。

この3つは大きな動きに適している関節で、これらの関節をスムーズに動かせることで私たちは色々な動作をおこなっているのですが…

もし、関節の機能が低下したら…?

体はどうなると思いますか?

たとえば、股関節と足関節の機能が低下した場合。

通常、健康な人は胸椎、股関節、足関節の3つでバランスよく体を支えています。

しかし、股関節と足関節の機能が低下すると、低下したぶんを胸椎によってカバーすることになります。

当然体のバランスは崩れはじめます。それでも胸椎が負荷に耐えられるうちは良いのですが、やがて胸椎も大きな負荷によりパンクしてしまいます。

これが原因で体に痛みがでるわけですが、その痛みは必ずしも胸椎にでるわけではありません。

実は、可動性の関節である胸椎、股関節、足関節の間に挟まれている頚椎、腰椎、ヒザなどに影響がでやすいのです。

どこを施術すれば改善できるのか…?

今お話したように、可動性の関節(胸椎、股関節、足関節)のバランスが崩れると、安定性の関節(頚椎、腰椎、ヒザ)に痛みがでやすくなります。

では、「施術は腰やヒザなど、痛みのでている関節を触るのか?」というと、単純にそうとは言えません。

なぜなら、そもそも問題を引き起こしている可動性の関節を整えなければ、どれだけ痛みを発している安定性の関節を整えてもすぐに再発してしまうからです。

胸椎、股関節、足関節などのバランスの崩れで引き起こされた首痛、腰痛、ヒザ痛は「二次的な障害」であり、これらを改善するには「一次的な障害」である胸椎、股関節、足関節の問題を取り除く必要があります。

これを簡単、確実に実現できるのが、光田先生が開発した「筋・筋膜調整メソッド」です。今から、その一連の施術を具体的にお見せしましょう。

月商300万円を売上げる施術を具体的にお見せしましょう…

今日、本当に先生にお伝えしたいのはここからです。

今回は、激戦区で月商300万円以上を売上げる光田先生が「具体的にどうやって施術をしているのか?」そのすべてお見せします。

光田先生が16年の歳月をかけ、述べ10万人以上の施術経験をもとに開発した「筋・筋膜調整メソッド」は必ずと言っていいほど変化をだせることはもちろん、シンプルで再現性が高く、誰でも習得できる技術です。

しかしそうは言っても、「本当に簡単にできるのか?」「そんなこと言っても、実は難しいでしょ?」と思ってしまいますよね。

なので、実際に見ていただくことで、本当にシンプルで効果的なテクニックであることを知っていただきたいのです。

では、初めての患者さんが来院したときのカウンセリングのやり方からお見せいたします。

大号泣する患者さんが続出する「初回カウンセリング」

はじめにお伝えしますが、光田先生は初回カウンセリングにめちゃくちゃ力を入れています。

なぜなら、初回カウンセリングで2回目以降リピートしてくれるか、また、患者さんが心を開いて施術を受けてくれるかどうかの大半が決まるから。

そのため、「初回カウンセリングは、150%の力でやる」ことが大事であると言います。

施術家の中には、患者さんを下に見て「ああしろ、こうしろ」と強制するような話し方をしてしまう先生もいらっしゃいますが、このような対応は絶対にNG。

初回カウンセリングでは、①患者さんを労い ②安心させ ③改善を期待させるという3つが大切になります。

患者さんを労い、安心させ、期待させることが大切です
“患者さんを労い、安心させ、期待させることが大切です”

労うということは、患者さんが今までやってきたことを否定しないということ。

たとえば、何件も他の院に行ったあとに先生のところに来院されたとします。

その場合も、「他の院ではダメだったでしょ。ウチなら大丈夫」とは言わず、「他の院で施術を受けたからこそ、今の痛みで済んでいる。本当はもっと酷くなっていてもおかしくない」と認めてあげることが大切になるのです。

また、初めての患者さんは先生に会う不安とともに、痛みが改善しない絶望感を抱いて来院されます。「もしかしたら、一生この痛みに悩まされ続けるんじゃないか」と思っているわけです。

でも、ヘルニアや筋肉的な問題が原因で死ぬようなことはありませんよね。

だからこそ、患者さんに「あなたは悲観するほど酷い状況ではない」ことを伝えてあげ、改善していける希望を持たせることが大切になるのです。

ここまでの3つのポイントを押さえながら初回カウンセリングをおこなうと、患者さんは今まで自分のしてきたことは無駄ではないこと。

また、いま苦しめられている痛みから解放される希望があることを知り、嬉しさのあまり大号泣してしまうこともめずらしくありません。

そして、痛みに悩む自分自身を受け止めてくれた先生に感動し、いっきに信頼を寄せてくれるようになるのです。

患者さんの心を掴む検査のポイント

次は、カウンセリングで引きだした情報をもとに検査をおこないます。

患者さんに前屈や後屈、側屈、上体ねじりなどの動作をしてもらい、「どのような動作で痛みがでるのか?」「姿勢や骨格に歪みはあるか?」「体のバランスはどうか?」などを調べます。

一見すると普通の検査のように聞こえるかもしれませんが、そこは月商300万円を売上げる光田先生の検査です。普通の検査にはない、ちょっとした工夫が盛り込まれています。


ここでは、実際の関節可動域の検査のやり方をご紹介しましょう。

まず、患者さんは仰向けにベッドに寝てもらいます。手は閉じずにやや広げた位置に置き、ヒザを立てます。

軽く手を広げた状態でおこなうのがポイントです
“軽く手を広げた状態でおこなうのがポイントです”

施術者は患者さんのヒザに手を置き、左右にゆっくりと動かします。このとき、「左右どちらに倒したときが動かしやすいか」をチェックします。

このときのもうひとつの大切なチェックポイントが、ヒザを倒したときにできる「ベッドと背中の間にできる空間」です。左右でこのスペースの大きい方がヒザを倒しにくく、体のバランスが悪いと判断する指標になります。

ベッドと背中の間にできるスペースに注目します
“ベッドと背中の間にできるスペースに注目します”

患者さんの心を掴むうえで大切になるのが、「なぜ、ベッドと背中にできるスペースが左右で違うのか?」「体がどのように歪んでいるのか?」をわかりやすく説明してあげることです。

このとき難しい専門用語はできるだけ使わず、「これは上半身と下半身が綱引きのように引っ張り合いをしている状態です」のようにイメージしやすい言葉で説明することが大切です。

そうすることで、患者さんは歪みの原因や自分の体が今どのような状態なのかをイメージしやすくなり、施術方針をちゃんと理解してくれるようになります。今ご紹介したのは可動域の検査のケースですが、股関節や足関節の検査も基本的な考え方は同じです。

つまり、患者さんの心を掴むにはただ単に検査するだけではなく、「骨格の歪みや体のバランスが崩れる原因をわかりやすく説明しながら、実際にその歪みを体感してもらう検査」をおこなうことが重要なのです。

重症患者を根こそぎ改善する光田式「筋・筋膜調整メソッド」

検査で患者さんの体の状態を調べたあとは、いよいよ施術に入ります。

さまざまな問題の患者さんが来院されますが、触る部位は理論のときにお話した「可動性の関節」である胸椎、股関節、足関節の3つです。ここでは、胸椎の施術をお見せしましょう。 まず、患者さんに仰向けに寝てもらいます。

胸椎の施術は、ベッドに仰向けに寝た状態でおこないます
“胸椎の施術は、ベッドに仰向けに寝た状態でおこないます”

ここで最初のポイントがあります。

まず、脊柱起立筋にある多裂筋のくぼみに指を入れるイメージで手を置きます。

この手の形をキープしたまま、患者さんには仰向けに戻ってもらいます。

そして、多裂筋に手を当てたまま患者さんにヒザを立ててもらいます。あとは、ヒザをまわすようにして股関節を内外旋させるだけ。

これだけで起立筋、多裂筋を自然に脊柱から剥がしてくれます。

股関節を内外旋させるだけで、勝手に起立筋、多裂筋が剥がせます
“股関節を内外旋させるだけで、勝手に起立筋、多裂筋が剥がせます”

もし、患者さんの股関節に痛みがあり内外旋するのが難しい場合は、手を外向きに動かすようにして指を入れていきます。

仰向けに寝ている患者さんの体重が乗りますので、この方法でも十分に脊柱に張り付いた筋肉を剥がすことができます。

肩甲骨の剥がし方

続けて、胸椎のもうひとつのテクニックをご紹介します。

この手技は、患者さんにヒザを曲げた状態で横向きに寝てもらいます。

肩甲骨は、横向きに寝た状態で施術します
“肩甲骨は、横向きに寝た状態で施術します”

次に、患者さんの上腕骨頭に左手を置き、支えにします。

このテンションをキープしたまま、右手を肩甲骨に入れていきます。

左手で支えながら、右手を肩甲骨に入れていきます
“左手で支えながら、右手を肩甲骨に入れていきます”

ここで大切なポイントがあります。

それは、指を力任せに入れないこと。

指の力で肩甲骨に入れようとすると患者さんが痛がりますので、上腕骨頭に置いた左手を寄せてくるイメージで肩甲骨の中に指を入れていきます。

本来は第二関節までは肩甲骨に入りますが、動きに制限ある人の場合は第一関節までしか入らないこともあります。

その場合も、患者さんに今の体の状態を教えてあげながら施術をおこなうと、変化を感じやすくなります。

とてもシンプルなテクニックだと思いませんか?

今ご紹介したのは胸椎の施術ですが、他の可動性の関節である股関節も足関節もおなじように簡単に習得し、圧倒的な変化をだすことができます。

さらに満足を高めるテクニック

ひととおりの施術を終えると、患者さんは劇的な体の変化に驚かれます。でも、これだけで満足してはいけません。

もっと売上やリピート率を伸ばしたいと思うなら、一連の施術のあとに「あること」をプラスする必要があります。

それは、自宅でできる「セルフケアの指導」です。

もしかすると、先生もすでに患者さんにセルフケアの指導をしているかもしれません。

でも、患者さんはまじめにセルフケアに取り組んでくれていますか?

ほとんどの場合は、実践してくれないと思います。どれだけ先生が患者さんのためを思って指導したとしても「時間がなくて…」「忘れてました」などの返事が返ってくることでしょう。

そうです。セルフケアの指導と言っても、ただ単にストレッチやエクササイズを教えれば良いわけではありません。

大事なことは、事前のカウンセリングで聞きだした患者さんの叶えたい未来の姿をイメージさせながら、セルフケアに取り組む必要性を教育すること。

つまり、セルフケアの指導は「再発を防ぐための教育」でもあるのです。

細分化することで、もっと取り組みやすくする

光田先生は、セルフケアを「5つのステップ」に分けて指導しています。

なぜなら、どれだけ効果的なセルフケアと言っても、いきなり難しいものやキツいものを教えても、患者さんが効果を実感しにくいから。

この問題をクリアするために光田先生は、①姿勢 ②動作 ③ストレッチ ④エクササイズ ⑤筋力トレーニングの5つに分け、簡単なものから指導することで、セルフケアで自分の体が変わることを体感させているのです。

このような指導が結果的に患者さんとの信頼関係をより強いものにし、患者満足度を高め、リピート率をアップさせることにつながるのです。


光田先生は、セルフケアの指導にとても力を入れています
“光田先生は、セルフケアの指導にとても力を入れています”

圧倒的な施術結果が「本物の証」です

光田先生の院は、「重症症状専門」の施術院です。

そのため彼のもとには、クチコミでうわさを聞きつけた重症、原因不明の痛みに悩まされている患者さんが全国から来院します。

今回の手技は、臨床経験16年、述べ10万人の施術経験から生まれた重症の患者さんでさえ簡単に改善できるテクニックです。実際、光田先生の施術を受けた患者さんは、

  • 手術が必要と言われた
    脊柱管狭窄症がたったの2回で改善した

    その結果、手術申込書を返還した
  • この施術のおかげで社会人野球日本選手権で
    完投勝利できた
  • 試合1週間前の急性腰痛が消え
    総合格闘技「PRIDE」で勝利できた
  • 杖をつくほどのひどい変形性膝関節症が改善し、
    杖を手放すことができた
  • 車の乗り降りもできないほどの
    椎間板ヘルニアが3回の施術で改善した
  • 坐骨神経痛で仕事を辞めざるを得なかったのが、
    1ヵ月で職場復帰できた
  • 30年間苦しめられた腰痛が、
    たった2回でウソのように消えた
  • 「もう手術しかない」と言われたヒザ痛
    (タナ障害)が、1回の施術で劇的に改善
    した

など、信じられないような体験をしています。

そして今回、重症患者さんを根こそぎ改善し、激戦区の大阪で月商300万円以上を売上げている光田式「筋・筋膜調整メソッド」が学べるDVD教材を先生にお渡しいたします。

このDVDには、光田式「筋・筋膜調整メソッド」の基礎理論から、患者さんを感激させるカウンセリングのやり方、検査、施術、セルフケアの方法まで、そのすべてが収録されています。

では、具体的にどんなことが学べるのか?

収録内容の一部をご紹介しましょう…


重症症状を根こそぎ改善! 激戦区で勝ち抜いた 光田式 筋・筋膜調整メソッドDVD
【DVD5枚組】(収録時間合計:231分)
光田式「筋・筋膜調整メソッド」
重症、原因不明の痛みを根こそぎ改善するテクニックが学べます
“重症、原因不明の痛みを根こそぎ改善するテクニックが学べます”

大事なことなのでくり返しますが…

最後にもう一度、この手技を習得するメリットをお伝えします。

通常価格 49,980円+税 ⇒
リリース記念特別価格 29,980円+税

※12月31日23時59分まで

今なら60日間の全額返金保証付き!
内容に満足しなければ、全額返金いたします。

「重症症状を根こそぎ改善!<br />激戦区で勝ち抜いた<br />光田式<br />筋・筋膜調整メソッドDVD」お申し込み

12月31日までの特別なお知らせです。
1月1日以降は通常価格になりますので、
あらかじめご了承ください。

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
※クレジットカードによって、一部ご利用いただけない方法があります。

翌日出荷サービス開始
(※ ただし、土・日・祝日は除く)

FAXでのお申し込みの方はコチラ

※ この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、ベリサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。
お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

「返金保証」をお付けいたします

「もしかしたら、もう、知っている内容ばかりかもしれない…」
「内容を理解できるか不安だ…」
「期待にそえる内容なのか?」

など、こう思われた場合もご安心ください。

なぜなら、DVD教材の内容にご満足されなければ、返金させていただくからです。

まずは60日間、じっくりとDVDをご覧いただき、先生の選択が正しかったかどうかをご判断ください。返品時にかかる送料も、返金振込料も、当社が負担させていただきます。

返金保証が付いている、施術家向け教材なんて、ほとんどありません。

これは、今回リリースするDVD教材への自信そのものです。


安心の60日間返金保証

通常価格 49,980円+税 ⇒
リリース記念特別価格 29,980円+税

※12月31日23時59分まで

今なら60日間の全額返金保証付き!
内容に満足しなければ、全額返金いたします。

「重症症状を根こそぎ改善!<br />激戦区で勝ち抜いた<br />光田式<br />筋・筋膜調整メソッドDVD」お申し込み

12月31日までの特別なお知らせです。
1月1日以降は通常価格になりますので、
あらかじめご了承ください。

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
※クレジットカードによって、一部ご利用いただけない方法があります。

翌日出荷サービス開始
(※ ただし、土・日・祝日は除く)

FAXでのお申し込みの方はコチラ

※ この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、ベリサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。
お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

6つの安心お届け